» 2017 » 1月のブログ記事

朝食のメニューも、毎日同じだと飽きてくるからパン・ご飯・麺と出来るだけ変化をつけるように心がけています。
ある朝のメニューはお握りを作りました。
食事中に、2歳の子どもが『お握りありがとう。』と言ってくれたのです。
今日の仕事を考えたりしていた時だったので、不意討ちでした。なんだかキリキリといろんな事を抱え込んでいた気持ちがスーッと消えていくような感じがしました。
子どもが、ご飯を作ってくれたことに対して『感謝の気持ち』を伝えれるようになってきたんだなあと、子どもの成長を嬉しく感じるとともに、もっと頑張らなきゃなあと改めて気合いが入った一時でした。

数か月前に手術を受けて、1000人に1人の割合で起こる術後痛を引き当ててしまいました。趣味のクラシックバレエは生活の中心となっており、手術前にはすぐ戻れるだろうとトゥシューズやレオタード等は取り出しやすいようになっていました。しかし、月日が流れましたが当分再開出来そうにないと決心をしてクラシックバレエのレッスン用品を衣装ケースの中にまとめて押し入れの中に片付けました。
片付けた後、少し心の中に穴が開いたような寂しい気持ちになりました。しかし気持ちを切り替えて、今私に出来る事を探し楽しく生活していきたいと思いました。

手足が冷える人には生姜を使った料理や飲み物が良いと聞いた健康番組の中でも生姜が体に良いと話していてその中で生姜とココアが意外と合う美味しいですと聞いてレシピをメモしました。純ココアに擦り生姜と甘さは蜂蜜で作ると美味しいそうです。冷えにも効果があると言っていました。
どちらかと言えば手足の先や指が冷たいので試してみたいと思いました。簡単に出来るので続けやすそうと思いました。生姜はチューブに入っている市販の物でもOKなので簡単に出来るのが良いなぁと思いました。作って飲んでみたが思っていたよりも飲みやすく美味しかったです。

ここのところ、師走というためあって、なんだか目まぐるしく忙しい毎日を送っていました。子供のためのご飯は手抜きをしたくないので、一生懸命作っていました。すると、2歳の娘が、布団に入ったときに「いつもご飯ありがとう」と言ってくれたのです。私的には、もう少し手抜きをして子供たちとの時間を作ってやりたいと思っていた矢先でした。
とても嬉しくて、おもわず涙がこみ上げてきました。普段も忙しい私を笑顔にしてくれようと、お手伝いもたくさんしてくれています。子供がいるからこそ頑張れるとは、このことだと思いました。癒されるばかりでなく、私も癒してあげたいです。

テレビ番組を見ていた時に普通のスーパー等で安売りしている海老を高級な感じのする美味しい海老フライを作る方法を教えていました。とても簡単な方法で買って来た海老の殻をむいてから片栗粉をまぶしてから水洗いして衣を付けて揚げるだけで美味しい海老フライが出来ると知りました。
美味しくなる訳は海老の臭みや汚れが綺麗に落ちるからだと言っていました。この方法で作った海老フライと高級店の海老フライを皿に入れて一般の方が試食すると殆どの方が安い海老で作った海老フライを高級店で食べる海老フライだと言った事にビックリしました。是非今度作ってみたいと思いました。