» 2017 » 11月のブログ記事

衆議院選挙

| 未分類 |

安部首相による衆議院解散は、自民党の安部政権のやっていることを国民に認めされるための選挙であったように思う。政治に無関心な人が増えているのではなく、関心を持てるような政策を打ち出せる政党、政治家がいないではないか。選挙のみなの公示を聞いても、細かく賛成か反対かの意見を言っているだけで、大きな政策がまったくもって見えなかった。自民党に安部政権には賛成できない。でもだからといってどの政党に賛成できるか応援できるかとなると、また魅力を感じることができない。国の今の問題に対してどれだけ解決策として考えられているかが明確に出されない。結局、自民党与党の圧勝。安部政権の存続の決定。安部首相としてはこれで胸張って自分らの政策を実行していけるとなってしまった。誰かが言っていた、今は戦後ではなく戦前だと。安部政権存続により、一層「戦前」を感じずにはいられない。
レジーナクリニック大阪